7018548
更新記事をメールでお知らせします
     
Information

 2006.03.10 [ 子供の矯正 ]
7歳の反対咬合(受け口)?
7歳のお子さんの反対咬合(受け口)について相談を受けました。
「もうちょっと様子をみたら」と言われたそうですが不安になったそうです。
とんでもないことです。
「もうちょっと」ってどのくらい?
「様子をみる」ってその前に検査したの?
何かしてから様子をみるの?
様子をみててその後どうするの?
7・8歳頃から矯正を考えましょう。
ましてや7歳でもうすでに反対咬合とは、様子をみるどころか、ちゃんと治療をしないと、将来手術をするはめになるかも...
(0)   (0)   

 2006.03.10 [ 外科的矯正 ]
外科的矯正−顎変形症に対する外科的顎矯正手術とは
外科的顎矯正手術は

===> 「50年以上も前からやられている安心な手術です。」 

「手術は全てお口の中からしますので、顔に傷がつきません」


 1.顎変形症とは... 

骨の発育により、かみ合わせに異常をきたしているものを総じて「顎変形症(がくへんけいしょう)」と言います。

受け口(下顎前突症)、曲がったあご、上下の前歯の間にすき間ができていて歯がかまない(開咬症=かいこうしょう)といった状態が日本人には多くみられます。ほかには下あごが奥に引っ込んでいる(小顎症)や下顎後退症、顔の中央部の突出感(上顎前突症)や落ち込み感(上顎後退症)がみられます。
最も多くみられるのが、上顎骨の劣成長あるいは下顎骨の過成長によっておこる下顎前突症です。特に、日本人は欧米人より発症率は数倍高いと言われています。

 下顎前突症の方(手術前)
 手術後1年。同じ方です。何だか性格も明るくなったかな?! 


2.原因は?
 

顎変形症には、遺伝的要素が強いとは言われていますが、原因は不明です。
上・下顎骨の成長のアンバランスによってなるものと、成長期の指しゃぶりや扁桃肥大や鼻疾患による口呼吸などにより生ずるものがみられます。
さらに、顎骨・顎関節部の外傷・骨髄炎などの炎症・顎骨内および周囲の腫瘍や唇顎口蓋裂、巨舌症、Crouzon病によっても正常な顎発育が妨げられたりと、原因は多種多様です。 


3.治療法
 

顎変形症となってしまった場合、つまり骨格的ズレが大きい場合には、歯列矯正専門医により歯並びを治すと伴に、口腔外科で手術によって顎顔面の変形を治し、咬合を改善・回復することになります。

この手術は、外科的顎矯正手術と呼ばれ、その歴史は50年にもなり全世界で同じ術式が行われています。 手術はすべて口の中から行い、一言で言えば、「あごの骨を切り、ずらしてかみ合わせを治す」ということになります。 

具体的には、症例によりレントゲン写真や歯型などの分析結果をもとに以下の手術法を選択します。  

  a 上顎骨切り術:上顎骨の変形が大きい場合や強度の開咬症や下顎前  突症の方に行います。下顎骨の手術と同時に行うことが多いです。 
 
  b 下顎骨切り術:下顎枝矢状分割術などの下顎移動術。  1957年に発表されて以来、最もポピュラーな顎変形症に対する  手術法です。  出血量は100cc以下、手術時間も2時間程で終了します。 
 
  c 歯槽部骨切り術:ケーレ法などの下顎前方歯槽部移動術で、  歯列の1部分を短期間で移動できます。  顎の骨や顔面の変形が少ない方に有効です。 
   
  d オトガイ形成術:審美的な要素が大きい手術で   下顔面(オトガイ部)を前に出したり、後ろに引っ込めたり、  短くしたりと形態の改善します。補助的な手術です。 
 
  e 仮骨延長法:下顎小顎症(下顎が全体的に引っ込んでいる)の  患者さんに対して下顎骨を延長(伸ばす)させます。  これは、顔面や下顎非対称の方などにも有効です。 

これらの手術を単独あるいは組み合わせて行われています。
たとえば、強度な下顎前突症で下顎骨の後退量が多すぎる症例や上顎骨(中顔面)の劣成長がある症例などは、Le Folt 1型上顎骨骨切り術による上顎骨前方移動と下顎枝矢状分割術による下顎骨後退を同時に行う上下顎同時移動術を行う場合もあります。


 4.おわりに 

顎変形症の方や歯列不正の方は、食事が十分にとれない、発音がしずらい、人前で歯を出して笑えない、笑っている写真が少ないなど、少なからず心の悩みを持っている方が少なくないのです。

もちろん、食事摂取・咀嚼が不十分であれば病気がちにもなるでしょう。悩みがその人にとって大きければ胃潰瘍にもなります。いつも、伏し目がちなっていれば、暗い人と思われがちです。そのためにも、この様な悩みを持っている方々がいること、そしてそれは治ることを分かりやすく説明できるようにしてあげたいものです。 

治療目的はとかく、顔貌や審美的なものにとらわれがちになり、その要求も強くはなってきていますが、本来の目的は、何でもよく噛み食べられる、会話をするといった当たり前のことができるようになることです。

顎変形症の方が術後に「歯と歯が当たって、食べられるって、こんなに素晴らしいことだったんですね。」と言ってくれることが最高の喜びであります。 

 
 
骨格的ズレが改善され、かみ合せもGood!
(0)   (0)   

 2006.03.10 [ 治療費について ]
治療費について
矯正治療は、口蓋裂や口唇裂を伴う先天的咬合機能異常や、外科的手術を併用する顎変形症以外は自費診療といって保険が適用されません。よって各医院で自由に治療費を設定することができるため、料金にはバラツキがあります。よってここでは大まかな目安を示します。支払方法は、矯正装置料に毎月の調整料や保定観察料が加算されていく方法や、治療期間により左右されないトータルフィー(定額制)をとる診療室も増えてきています。
  
 1.初診・相談料:3000円から5,000円

 2.検査・診断料:約50000円

 3.矯正装置料
   A. 子どもの矯正:約30万円から45万円
   B. 大人の矯正:選ぶ装置の種類によって変わります。
     a)金属装置(銀色)50万円から70万円
     b)セラミック装置(透明)60万円から100万円
     c)裏側矯正(見えない)90万円から150万円

 4.調整料:毎月5,000円から7000円

 5.保定装置料:矯正装置料に含まれることが多い 
   ※トータルフィー(定額制)の場合かからない

 6.保定観察料:3000円から5000円

 7.その他:歯磨き指導、P.M.T.C.(歯のクリーニング)、ホワイトニング
  の費用が別にかかる場合があります。


■院内ローンについて

矯正治療は保険が効かないために高額な装置料を一括で支払わなければならないと思われがちですが、各医院で定められた無金利の院内ローンや信販会社の長期デンタルローンを導入しているクリニックが増えています。
分割可能にすることにより、今まで費用面で躊躇していた患者様にも矯正治療が身近なものになってきております。


■保険で矯正治療ができる場合

下記の場合において、育成更正医療指定機関や顎口腔機能診断基準施設に指定されている医院で治療を受ければ保険は適用されます。

1.口蓋裂や口唇裂による先天的咬合機能異常を伴う矯正治療
2.上下の顎の位置に大きなズレがあり、顎の骨を切る外科的手術
  をしないと、矯正治療単独では噛むことができない人に対する
  矯正治療(顎変形症)


■医療費控除について

発育段階にある子どもの成長を阻害しないようにするために行う不正咬合の矯正治療や、成人であっても目的などから判断しその矯正が必要と認められる場合の費用は医療費控除の対象になりますので、医院で発行された領収書は無くさないように大切に保管して下さい。
国税局ホームページ:http://www.nta.go.jp/


■栃木で歯列矯正しますか?それとも東京で?

最近まで「より良いクオリティーの矯正治療は東京で」と言う神話があり、多くの患者様が貴重な時間と交通費をかけて東京に通っていた時代がありました。これは全くナンセンスな話です。
栃木県には日々研鑽を重ね、東京と変わらない最新の技術を提供できる矯正専門医がたくさんいます。
しかも矯正治療費は自費診療である以上、各診療室でのバラツキだけではなく地域による差もあり、東京の銀座と比較すると地方の方が低く設定されているのが現状です。
栃木県の皆様は同じクオリティーの矯正治療が受けられるにも関らず、高い治療費や貴重な時間、交通費を費やしてでも東京での治療を望みますか?
それとも何かあったらすぐに対応してくれる地元の矯正専門医院を選びますか?
我々栃木県の矯正専門医は、歯列矯正を受けたいと考えられている患者様に正確な情報を提供し、正しい矯正治療を地元で受けていただくのが、このサイトの使命と考えております。
(0)   (0)   

 2006.03.10 [ 矯正と抜歯 ]
矯正と抜歯
矯正治療の目的は、歯並びをきれいにする事ですが、その歯並び(咬み合わせ)は、あなたの骨格や顔貌に調和したものでなくてはなりません。
調和のとれた歯並び(咬み合わせ)は、お口の中を清潔にしやすい環境にして、歯の寿命を延ばすばかりでなく、あなたにとって一番きれいな笑顔を作たり、きれいな発音や食べ物の消化に貢献したりします。


矯正医は治療に当たり、歯を抜かないで調和のとれた歯並び(咬み合わせ)が作れるか、まず診断します。
しかし診断の結果、歯を抜歯(間引き)しなければ調和がとれない患者さんもいます。

例えば、でこぼこの多い八重歯の人を考えてみて下さい。
この様な人の歯並びは、歯が並ぶことの出来るアゴ骨の長さと、歯一本一本の横幅の総和の長さを比べると、歯の横幅の総和の方が長いので、歯がアゴ骨に入りきれずに、でこぼこしてしまったのです。

この事を本棚と本で考えて見ましょう。
本棚が歯の並ぶことの出来るアゴ骨の長さ、本が歯です。
本棚の幅と、本の厚さの合計がピッタリならきれいに並びます。
しかし多くの本を無理に入れようとすると、どこかが飛び出してしまいます。
では飛び出した本棚をあなたが見たよき、ピッタリさせるにはどうしますか?
本の数を減らしますよね。歯並びも同じです。
あなたにとって一番調和のとれたより良い歯並び(咬み合わせ)を得るためには、歯を抜歯(間引き)することがあるのです。

でこぼこの多い八重歯を無理やり並べると、前歯が飛び出して顔のバランスを崩したり、筋肉のバランスを崩したりします。
また年月が経つと、調和が取れていないので、でこぼこした歯並びが再発したりもします。

また上記の様な理由のほかに、上顎前突や下顎前突、開咬、などがある場合、抜歯が必要になる場合があります。それもやはり抜歯無しでは、調和のとれた歯並び(咬み合わせ)が得られない場合のみです。

詳しくはやはり矯正歯科医にご相談ください。
(0)   (0)   

 2006.03.10 [ 矯正が必要なとき ]
矯正が必要なとき
みなさんは、歯並び・噛み合わせがどのような場合に矯正治療が必要であると考えていますか。この問題を考えるとき、歯並び・噛み合わせの異常(不正咬合)が局所的あるいは全身的に及ぼす影響が何であるかを理解することが必要です。

まずは見た目の問題、審美的問題です。
歯列不正、特に前歯の歯並びがガタガタですと、周囲に対する印象に悪影響があることが考えられます。
口は顔の魅力の最も重要な構成要素であるともいわれております。ひと昔前までは、糸切り歯が飛び出している、いわゆる「八重歯」は、チャーミングポイントになるといった話もありましたが、今日ではそのような認識は徐々になくなりつつあります。
前歯の歯列不正からくる審美的障害は、対社会的にマイナス要因になると言えます。
矯正治療により、一列に真っ直ぐに並んだ前歯を手に入れることで、周りに対する自分の印象を格段に向上させることができるでしょう。

一方、歯が凸凹していますと、歯磨きが難しく、結果的に虫歯や歯周病になりやすくなります。
矯正治療によって一列に正しく歯が並ぶことにより、歯磨きがしやすくなり、お口の健康を維持しやすくなります。

さらに、噛み合わせの問題はお口の健康のみならず、全身の健康にも影響することが考えられています。
噛み合わせが悪い、つまり上下の歯が正しく噛み合っていないと、ものを効率よく噛むことができません。
このことは胃腸をはじめとする消化器系に負担をかけることになります。
また成長期にあるお子様が、良く噛むことができずに食事をすることは、顎の発育に対しても悪影響を及ぼすことが考えられます。

さらに、ある種の歯並びの問題は、発音上の問題をも生じます。
例えば、歯と歯の間あるいは上下の歯がすいていたりしますと、そこから空気が漏れて「さしすせそ」が正しく発音できないと言った問題が生じます。


以上のような諸問題は、本人あるいは周囲の方々が気付いていないこともあるでしょうが、自覚していながらも現状を放置していることも少なくないと考えられ、このことによって将来的により大きな問題に発展する可能性も考えられます。
歯並び・噛み合わせのことで、先に述べたような状況、症状がみられる方は、矯正治療が必要であると思われます。一度、我々矯正専門医にご相談されますことをおすすめします。
(0)   (0)   

[ 1 〜 5 の記事を表示 ( 114 記事中 ) ]
2008/03/09
第1回 歯列矯正
2008/04/02
第2回 歯列矯正
2008/05/30
第3回 矯正のリ
2008/07/14
第4回 歯列矯正
2008/10/21
第5回 地元で治
 2007/05/30 15:20
相互リンクのお願
 2007/05/11 22:15
相互リンクのお願
 2007/03/27 15:50
保健医療機関
 2007/02/14 17:43
私もやりました
 2006/11/08 14:17
やってみようかな
 2011/08/07 22:59
歯の矯正で失敗し
 2007/10/02 14:57
歯列矯正