3424338
更新記事をメールでお知らせします
     
Information

 2008.07.14 [ 現在の歯列矯正(連載) ]
第4回 歯列矯正治療の治療時期と方法


前号までのお話で歯列矯正治療のメリットとデメリットはお分かりいただけたと思います。今回は歯列矯正治療をいつ、どのような方法で始めると良いかについてお話します。

1.子供の歯列矯正治療
子供の歯並びについて近所の歯科医院に相談に行くと「永久歯に生え変わるまで矯正治療は待ちましょう」と言われたという話をよく聞きますが、これは大きな間違いです。お子さんが7歳から10歳であれば、施せる矯正治療法があるにもかかわらず、この時期に何もせずに永久歯に生え変わるのを待っていると、顎のズレや歯並びの問題が更に重篤になります。
子供を歯列矯正医に受診させ、早期に歯並びの問題を発見させてあげることが親の責任であり、親子で協力して進めて行く事が成功のカギとなります。

子供の歯列矯正治療は、理想的には2段階で行います。この歯列矯正の2段階治療を建築に例えるなら、第1期治療が基礎工事、第2期治療がしっかりとした基礎の上に立派な建物を建てるということとなります。治療の時期を分散することで、それぞれの治療期間が短くなり、むし歯のリスク回避やストレス軽減にもなります。

1)第1期治療:限局矯正治療(7〜10歳頃)
 顎が大きくなり歯が生え変わる時期に、歯並びの治療を開始し、指しゃぶりや舌の癖等の悪習癖をなくし、顎骨の成長発育を良い方向に誘導する治療(咬合育成)を行います。これが第1期治療の最大の目的です。早い時期の矯正治療による咬合育成が、永久歯非抜歯治療の可能性を高めることができるのです。

 この年齢での矯正治療は、子供にとっては時として苦痛を感じるものです。それにより、治療を途中で放棄してしまうことがあるので、歯並びの大切さを理解させた上で、子供自身も納得して治療を開始する事が大切です。


    

    

    
        (限局矯正装置)       (クワッドへリックス)


2)第2期治療:本格的矯正治療 (12歳以降)
 全ての歯が永久歯に生え変わる12歳頃から開始する仕上げの治療になります。全ての歯に矯正装置を装着する為にむし歯のリスクは高いですが、第1期治療がしっかりできていれば、短期間でストレスが少なく治療を終えることができます。


    
         (治療前)               (治療後)

             
                   (矯正装置)

3)第1期治療を逃してしまった場合
 第1期治療をしなくても勿論本格的矯正治療は可能ですが、2段階治療と比べて永久歯の抜歯の可能性が高く、矯正装置装着期間が長くなる傾向にあります

    
         (初診時)             (抜歯後)


2.大人の歯列矯正治療

1)成人矯正治療とは
 矯正治療は小学生や10代の思春期にするものだという固定観念がありませんか?近年20歳を過ぎてから開始する成人の矯正治療が急速な伸びを示しております。特に30歳代の女性から『この歳でも矯正治療できますか?』という質問をよく受けます。基本的には口腔内が健康であれば矯正治療は何歳からでも可能ですが、成人になると悪い歯並びの長期放置により、むし歯、歯周病等の問題を抱え、欠損歯や修復物が増えるため、治療が複雑になり治療期間が長くなることがあります。成人してからの矯正治療は、親の意志で始める子どもの矯正治療と違い、目的や問題意識が明確な為、効果的に進めることができる利点があります。また全体的な矯正治療に抵抗がある場合は、MTM(部分的な矯正治療)によって口腔内環境を整えれば、長持ちする良い修復物(詰め物、差し歯、ブリッジ等)を作ることも可能になります。

    
        (初診口腔内)         (終了口腔内)


2)外科的矯正治療とは
 顔の強い左右非対称や下あごの強い突出感などが見られる、あごの骨の発育異常を総称して「顎変形症」と言い、通常歯列不正も伴います。歯並びの土台である上下のあごが大きくズレていると、矯正治療単独では治せない場合があります。そのような方は、矯正医と口腔外科医の連携による手術併用の外科的矯正治療により治ります。
顎変形症手術は顔貌の劇的な変化をもたらし審美性が高まりますが、美容整形とは目的が異なり、咬み合わせを構築するのが最大の目的です。勿論口の中での手術になりますからお顔には傷は残りません。手術の歴史は古く、しかもそれを受ける方が多いため、術式も確立されており安全な手術です。ただし、これには約1週間の入院と全身麻酔のリスクがあるためご家族の同意が必要になります。

            

    
                  (初診時)


            

    
                 (治療終了後)


   *******************************

 人の感じる美しさには様々な価値観がありますが、残念ながら日本では歯並びに対してまだまだ意識が低いのが現状です。鏡に映ったご自分の歯並びをよく見てください。『少しぐらいデコボコでもいいや』『噛めるからいいや』『痛くないからいいや』…忙しい現代人は仕事や日常生活に追われ、歯並びが気になっていてもつい後回しにしがちです。矯正治療は長くかかるからと躊躇し、何年か経って「あの時始めていればもう終わっていた」と後悔するより、積極的に矯正治療を始めて流れに乗ってしまえば、時間はあっと言う間に過ぎて必ず良い歯並びを得ることができます。自分自身が歯並びに興味を持ち、治したいと思った時こそが、歯列矯正を始めるタイミングです。

 整った歯並びは、見た目も美しく、自信を持った笑顔は人に好印象を与えるため、最近は企業面接やオーディションでも歯並びを重要視しているようです。歯列矯正治療は健康を手に入れるだけではなく、人生を前向きにする力があると言っても過言ではありません。

(0)   (0)   

 2008.05.30 [ 現在の歯列矯正(連載) ]
第3回 矯正のリスクと限界

前号でご話したとおり、矯正治療には様々なメリットがあります。
ただ、どんなによい薬でも必ず副作用があるように、矯正治療にもリスクと限界があります。

一番は時間とお金がかかること。ただし、これは「よく咬めるようになる」「歯並びがきれいになり、笑顔がすてきになる」などといった、ご自身にメリットがあることのためのものですから仕方ないこと。

今回お話しするのは、日々の矯正治療によくみられることです。ただし、これらを知らずに矯正治療を始めたとすると、かなりのストレス・不満となることです。

これから矯正治療を始めようとお考えの方はよく読んでください。


1.歯を動かすときに生ずる「痛み」

痛みの感じ方には個人差がありますが、通常は装置装着後から2〜3日が痛みのピークで、食事の際に感じる事が多いです。
そのような場合には軟らかいものを食べるなど、食事の種類や食べ方を工夫なさるようお勧めいたします。

その後、数ヶ月は調節毎に若干痛みを感じる程度に落ち着いてきます。これは歯が動く時の正常な反応ですし、痛みはもとより違和感も次第になくなります。

どうしても痛みが我慢できないようであれば、鎮痛剤を服用していただく場合もありますが、痛みのためにリタイヤなさる方もいないので必ず乗り越えられるものです。


2.永久歯の抜歯、顎の手術

デコボコの量が多かったり、いわゆる出歯の状態の場合は永久歯を抜歯しないと歯がきれいに並ばない場合があります。

また、下顎の骨が大きく、受け口になっている場合などは顎の骨を切る手術を併用する場合もあります。


3.虫歯、歯肉炎、歯周病

矯正治療中は装置のまわりに、歯垢が溜まりやすい環境になります。
そのため、ブラッシングのポイントを押さえてしっかりとした歯みがきが必要です。

歯みがきを怠ると、装置の周りが虫歯になったり、状態によっては歯肉炎や歯周病にもなります。
治療途中に虫歯や歯肉炎をなってしまいますと矯正治療期間の延長も考えられます。



装置の下の部分が白く変色しています。
これは歯の脱灰といい、虫歯のなりかけの状態です。


矯正器具が着いていると、歯ブラシはすぐにだめになるので、マメに換えることをお勧めしています。


また、外で食事をする際などは、装置に食べ物がからまり、見た目にもあまり良いものではないので、携帯用の歯ブラシやフロスなどを持ち歩くことをお勧めします。

ただし、これは矯正している、いないにかかわらずのことですね。


4.口内炎

装置があたることにより、頬、唇また舌などに口内炎ができてしまうことがあります。
特に唇が乾燥していると、唇の皮が装置にすれてむけてしまうこともあります。

このような場合は、リップクリームなどを塗って、唇を乾燥させないなどの対応が必要です。

それでも良くならない場合は、ワックス(装置をカバーするもの)で対処していただくことになります。
ワックスは通常、矯正歯科医からもらえますので、その際に使用方法などはご説明があるかと思います。

また、口内炎用の塗り薬も有効です。


5.発音障害

裏側に装置が入る場合や、治療後に保定装置(リテーナー)を使用する際に発音しづらくなることがあります。

舌の大きさや発音の癖にもよりますが、主にサ行・タ行・ラ行に影響がでます。

これはお話する毎に慣れてきますし違和感としてもなくなります。


6.歯肉退縮

歯を動かすことによって歯肉が下がってしまうことがあります。

これは主に歯周病がある方や歯列のデコボコが強い方にみられます。

現時点で退縮してしまっている、または矯正の影響で退縮してしまった歯肉は、移植以外には元に戻りません。



7.ブラックトライアングル

歯がきれいに並んでくると歯肉と両隣の歯との間に三角形の隙間ができることがあります。

これは歯の形状が逆三角形に近い場合によくみられ、歯や歯肉には全く心配ありませんが、見方によっては歯肉が下がって見えたり隙間が閉じきってないように見えたりします。


8.歯髄炎

矯正治療中に歯の神経がしみることがありますが、これは一時的なもので通常は徐々に落ち着いてきます。

ただ、ごく稀に、歯髄炎のなかには神経が傷んでしまって歯が変色してしまうことがあります。


9.歯根吸収

稀に、矯正治療によって歯根が短くなってしまうことがあります。

健康な条件下で起こった場合には問題ありませんが、その後重度の歯周病を引き起こした場合には歯の寿命に影響することがあります。

ただし現在の矯正は弱い力で動くようになってきておりますので、以前ほど歯根への影響は見られません。



全体的に短くなってしまった歯根


10.顎関節症

全てのケースではありませんが、反対咬合が改善される時期や咬み合わせを作っている最中に上下の歯がぶつかって顎に負担がかかることがあり、その際に開口障害や顎の痛みなどが生じることがあります。


11.後戻り

矯正治療が終わり、お口の中の装置を除去した後、歯は元の位置に戻ろうとする傾向があります。
そのため取り外しの利く保定装置(リテーナー)で後戻りを最小限に抑えます。

歯の移動量や骨格などで個人差がありますが、装置除去後1年未満が最も後戻りしやすい時期で、それ以降は移動した場所に、徐々に落ち着いてきます。


いかがでしたか? 矯正治療に伴って、いろいろなことが生じます。
ただし、これらのほとんどは、事前に分かっていれば回避できることや、そうなっても一時的なことそしていずれ回復することです。

矯正治療を受ける際には、以上に挙げましたリスクをしっかりと把握し、専門医からのご説明を良く聞いた上で受診されることをお勧めいたします。

最後になりましたが、それよりも矯正治療をしないでいることのデメリットを考えてください。
それは、今ご自身が不自由に思っていることや、テレビや雑誌で見る人たちの口元がすてきだと思うことです。

さらに矯正治療をきっかけに、上記のような口内環境についても気をかけることで、美しいだけの歯だけではなく、健康な歯を永く保てることに繋がるのです。

 

(0)   (0)   

 2008.04.22 [ 大人の矯正 ]
30代からの矯正part14
ついに終わりました〜るんるん
歯の表面もつるつる 
2006年11月から始めて、途中3か月の中断があって、再会から8か月で一応終了です。
差し引き11か月の矯正期間ということでしょうか?
まだ、保定期間が2年あるそうですが... 長かったのか?短かったのか?
先が見えず、あまり変化の無い時期が辛かったですね。
でも、before - after を比べると驚きです。

矯正はやはり、いくつになってもお勧めです!
30代からでも遅くない!


 
 
 
(0)   (0)   

 2008.04.02 [ 現在の歯列矯正(連載) ]
第2回 歯列矯正によってもたらされるもの
その結果の先にあるものとは

今回は、歯列矯正治療を受けるメリットについて、掘り下げて考えてみることにします。
歯列矯正とは、不揃いの歯並び・異常な咬(か)み合わせ(不正咬合)を、正常な歯並び・咬み合わせ(正常咬合)に治していく歯科治療の一種ですが、この歯列矯正治療を受けることで、私たちは以下のような宝物を手にすることができます。

1. 食物を「よく咬める」ようになる

 写真(1)は、ある高校生の治療前の咬み合わせの状態です。
奥歯は咬んでいるのに、前歯は全く咬み合わさっていません。
これは「開咬症(かいこうしょう)」とよばれる不正咬合の一種ですが、この咬み合わせで食物をよく咬めると思いますか?
この高校生の話によれば、麺類は食べられないとのことでした。敢えて食べようとすると、咬み切れないので非常に汚らしい食べ方になってしまい恥ずかしいとのことでした。
矯正治療を受けた結果、前歯も咬み合い、なかなか良い歯並び・咬み合わせになりました(写真2)
これなら麺類でもOK、何でも美味しく食べられることでしょう。

    
           (写真 1)             (写真 2)

 正しい歯並び・咬み合わせで食物をよく咬めるということは、ただ単に「咬める」という単純なことだけではなく、以下に列挙するように、私たちにとって多くの意味で健康の源となります。

・よく咬んで食べることで、胃腸への負担を軽減し、消化を助けます。

・肥満の改善、予防に効果があります。

・脳血流の増加にともなう脳の活性化につながり、集中力の向上、知能の発達、運動能力の向上、認知症の予防に効果を発揮します。

・よく咬めると唾液分泌が増加し、唾液のもつ口腔内自浄作用の向上、さらには唾液中の消化酵素のはたらきもあり、虫歯予防、歯周病予防になります。また、唾液による発ガン物質の無毒化によりガンの予防にもなります。

・成長期のお子様では、よく咬むことで顎(あご)の成長が刺激され、しっかりした顎の発育に結びつきます。

・よく咬むことで顔面表情筋が鍛えられ、いきいきした豊かな表情が生まれます。

・骨粗鬆症の改善にも有用です。

・よく咬むことで唾液腺中を走行する副交感神経が適度に刺激され、快眠をもたらします。

 以上のような、よく咬めることでもたらされる様々な効果を得るためには、まず「よく咬める」歯並び、咬み合わせを手に入れることが前提となります。矯正治療はそのための有効な手段となり得るのです。

2. 歯の寿命を高める

 写真3のように歯が不揃いの箇所では、歯の表面に付着したプラーク(歯垢ともいい、食べカスと細菌からなる汚れの塊のようなもの)をブラッシングできれいにすることはきわめて難しくなります。
このようなブラッシング不良部位への長期にわたるプラークの停滞により、虫歯および歯周病が発症・進行するリスクが高くなります。
仮に虫歯や歯周病になった場合に、歯科医院でこれを治療するにしても、歯並びの悪い箇所の正確な治療は難しいものです。
このような歯並びを矯正治療で治すことにより、歯磨きもしやすくなり、虫歯や歯周病の発症リスクは低減できるでしょう。

          
                 (写真 3)        
           プラークを赤く染め出したところ
           八重歯となっている糸切り歯の辺りに
           大量のプラークの蓄積が認められる。

 一方、写真4のような著しい出っ歯の人では、前歯をぶつけて負傷する、すなわち外傷にさらされるリスクが高くなります。外傷による前歯の破折、脱落は、審美的にも大きく影響するものです。このような外傷のリスク回避にも、矯正治療は役立つのです。

          
                 (写真 4)

3. 発音の改善

 ある種の不正咬合、例えば開咬症(写真1)あるいはすきっ歯(写真5)では、前歯のすき間から息が漏れて正しい発音ができません。
矯正治療で正しい歯並び、咬み合わせにすることで、構音機能の改善も期待できます。

    
           (写真 1)             (写真 5)

4. 上部気道障害の改善

 上あごの横幅が狭い(専門的には狭窄歯列弓といいます)人には、鼻の通りが悪い、いわゆる鼻気道障害がしばしば認められます。
このような人が矯正治療を受けて上あごの横幅を広げる治療を行うことで、鼻の通りが改善するといわれています(写真6)
また、これにより副鼻腔の健常な拡大成長が期待できるようになり、副鼻腔炎にもなりにくくなります。

      
         拡大治療前                   拡大治療後
                       (写真 6)
      狭窄歯列弓に対し、拡大装置を用いて横幅を広げる治療を行った結果、
     アーチの幅が大きく
拡大された


 また、下あごが小さい(専門的には小下顎症といいます(写真7)人には、睡眠時無呼吸症候群をはじめとする睡眠呼吸障害が多くみられる傾向があります。
小さなあごを成長させる目的の矯正装置(写真8)を用いることで、あるいは成人においては外科的に下あごを大きくすることで、睡眠中の呼吸機能の改善も期待できます。

      
      (写真 7)         (写真 8) バイオネーター
                     下あごの成長を促進する目的で使用
                     される矯正装置の一種

5. 審美性の改善

 良い歯並びをともなった美しい口元は、人々を魅了する何ものにも代え難い貴重な宝物です(写真9)
デビューを控えている歌手やアイドルの卵たちも、デビュー前に必ず歯並びを治すという昨今、仕事上の出世、人生の成功においても、良い歯並びはそれらの前提条件になるとさえ言われています。
臆することなく、堂々と矯正治療に取り組んでみましょう。
その結果の先にあるものは、自分自身に対する「自信」と、周囲を幸せな気分にさせる「魅力的な笑顔」です。

    

    
                   (写真 9)
     矯正治療を終了し、宝物を手に入れた患者さんたち

(0)   (0)   

 2008.03.09 [ 現在の歯列矯正(連載) ]
第1回 歯列矯正治療とは

歯列矯正治療によってもたらされること

■食物をきちんと咬む
人間誰もが幸せと感じる美味しいものを口にするときに、正しい咀嚼(そしゃく) 無しにはその幸福も半減してしまいます。歯列不正はその原因の最たるもので、きちんと咀嚼できないと、食物の本来の味を引き出せないまま飲み込んでしまっているといえます。

■歯の寿命を高める
他県の歯科医師会等の調査では8020運動 達成者の多くは歯並びが整っているという結果が見られました。「自分の歯で咀嚼する」という日常当然のように感じることは、いざ歯が抜けてしまったというときになって始めて実感すると聞きます。この原因である虫歯や歯周病を軽減するには正しい歯の清掃が必要不可欠で、またそのためには清掃性の高い整った歯列も必要です。

■審美性の改善
口元が顔全体のイメージに占める割合は非常に高く、歯並びの悪さを気にするあまり人前で笑えないといった心理的負荷は、社会生活に大きな影響を与えかねません。


矯正歯科医院とは何をするところ

 歯列不正を伴った方が整った歯列を得るためにどのような治療をするかは、その状態によりさまざまです。骨格的なことも治す必要があるかもしれません。あるいは口元を後ろに下げたり前に出したりといった顔つきを変える治療を行うかもしれません。将来の歯並びが悪くなるのを予想し、予防的な矯正治療をすることもしばしば見られます。
歯列の状態により治療法は多岐に分かれますが、矯正歯科医院の目的はきちんと咬むことのできる整った歯列を得ることです。

       


治療時期・治療期間

 歯列矯正治療は歯を動かすだけではありません。顎骨の成長に過不足や不正が見られるようであれば小学校入学前に治療を行うこともあります。また逆に骨の成長を追って見てゆかねばならない場合、高校生ごろまで治療を遅らせることもあります。一概には言えませんが小学校低学年のうちにカウンセリングを受けるのが将来的に最も安全なのではないでしょうか。
 中学生、高校生はもちろん、成人であっても治療は十分可能です。
 治療期間はその内容により大きく変わりますが、歯はゆっくりと骨の中を移動してゆくので、一般的に年単位の期間を要します。来院間隔も一般的な歯科治療に比べると長く、1ヵ月毎、2ヵ月毎、あるいは半年毎などとなります。


デメリット

きちんと咀嚼できる整った歯並びがデメリットとはなりませんが、そこに到るまでにしばしば不快と感ずることを伴います。

  ・歯を動かすときに生ずる痛み
  ・矯正装置が目立つこと
  ・歯磨きが困難になること
  ・会話や咀嚼の障害となること
  ・治療完了までに長期間を要すること
  ・治療内容によっては歯を抜いたり、顎の骨を切ったりすること

 これらはよく起こる問題ですが、治療法や器具の進歩とともに改善されてきており、また治療に慣れてくると日常生活で大きな障害になるというほどではありません。


歯列矯正治療の方法

■第1期治療
主に小学生やそれ以前に行う矯正治療です。この時期の治療は、可徹式装置 、固定式装置あるいは歯を動かすもの、顎骨の成長をコントロールするものなど、治療の目的によりさまざまな装置に分かれます。また多くの場合第2期治療に移行します。

■第2期治療
永久歯が生えそろってからの仕上げの矯正治療です。抜歯を必要とする治療はこの時期に行います。歯周組織が健康 で永久歯が生えそろっていれば基本的に年齢は問いません。

       

■外科手術を伴った矯正治療
顎変形症を伴う場合 第2期治療の途中で顎骨を分離して前後に移動する、入院を伴う外科手術を必要とする場合があります。

       

■MTM
補綴治療 のため、あるいは一部分だけの矯正治療。概ね12ヶ月以内の短期間で治療が終了します。

■保定
動かした歯は必ず戻ろうとします。整った歯列をできるだけ長く保つためには、動かしてきた期間かそれ以上の間とどめておく必要があります。


歯列矯正治療の流れ


     


治療費について

 基本的に矯正治療は健康保険が適応になりません。したがって治療費は医院によって違います。県内では一般的な治療で70万円〜100万円が相場のようです。

<健康保険が適応になる場合>
  唇顎口蓋裂などの先天的 な障害がある場合。
  顎変形症で矯正治療に外科手術を必要とする場合。

 

 

 
(0)   (0)   

[ 6 〜 10 の記事を表示 ( 114 記事中 ) ]
2008/03/09
第1回 歯列矯正
2008/04/02
第2回 歯列矯正
2008/05/30
第3回 矯正のリ
2008/07/14
第4回 歯列矯正
2008/10/21
第5回 地元で治
 2007/05/30 15:20
相互リンクのお願
 2007/05/11 22:15
相互リンクのお願
 2007/03/27 15:50
保健医療機関
 2007/02/14 17:43
私もやりました
 2006/11/08 14:17
やってみようかな
 2011/08/07 22:59
歯の矯正で失敗し
 2007/10/02 14:57
歯列矯正